Kyash Visaカードを使う3つのメリットと登録方法

スマホアプリKyash

Kyashはウォレット(財布)とVisaプリペイドカードの機能がついたスマートフォンのアプリです。

Kyashが便利でお得なのかどうか実際に使ってみました。

スマートフォンの送金アプリ
スマホで送金や請求ができますので個人間やグループ内での食事会で返金や集金が楽です。

Visaプリペイドカードアプリ
アプリにはVisaのバーチャルカードが付いており、Visa加盟店の通販でのショッピングで使用できます。

 

Kyashのカードは実店舗でも使えるリアルカードも発行でき、街での買い物やさまざまな支払いでも使えます。

Kyashアプリはお金のやり取りから買い物の支払いまで対応する便利なアプリです。

しかし、Kyashは単に便利なだけのアプリではありませんでした。

Kyashを使う3つのメリット

Visa加盟店でのショッピングでは決済額の2%還元される

Kyash Visaカードを使ったショッピングで決済額の2%キャッシュバックキャンペーン中です。2%というのはカード業界の水準を超えた高還元です。キャッシュバック金額はKyash残高に貯まり買い物等に利用できます。

ポイント2重取りができる

Kyashアプリにクレジットカードやデビットカードを登録しておけば、ショッピング時に2%キャッシュバックとともにカードチャージによるポイントも獲得できます。ポイント2重取りができ、合計3%以上の還元率も可能です。

完全手数料無料

Kyashは入会金ゼロ、年会費もゼロの完全手数料無料です。
送金するのもリアルカードやバーチャルカードの使用も手数料がかかりません完全無料になるので、お得感が大きいです。コストを気にせず自分のやりたいことを思いきりできます。

 

Kyashでキャッシュバック2%とその使い道、クレカのポイント還元も
Kyash Visaカードで2%キャッシュバックが実現しました。クレジットカードによるチャージポイントも獲得し、二重取りとなりました。Kyash残高の消費・使い方もあわせてご紹介します。

 

Kyashの会員登録方法

Kyashアプリ

 

Kyashの会員登録はスマートフォンでおこないます。会員登録と同時にアプリ画面上にVisaカードが発行されます。

まずは公式サイトにアクセスしてKyashアプリをダウンロードします。

 

氏名、ユーザーネーム、メールアドレス、パスワードの入力で会員登録でき、Kyash Visaカード(バーチャルカード)の発行までいけます。

フェイスブックによる登録も可能ですが、ここではメールアドレスによる登録をおこないます。

 

登録したメールアドレスへ、件名「メールアドレス認証のお願い」のメールが届きますから、本文のリンクをタップするとメールアドレスが認証されます。

これで会員登録が完了し、ログインすることができます。

Kyash (キャッシュ) - いつものカードがもっと便利に
Kyash(キャッシュ)なら誰でも簡単にVisaカードが発行できます。お手持ちのクレジットカードやデビットカードを登録すると、より便利にお得に安心に、決済・送金ができるようになります。

 

リアルカードを作ろう

会員登録のついでにリアルカードも作っておきましょう。

実店舗など街中でも使うならリアルカードを持っておいたほうがいいでしょう。

 

リアルカードの発行はスマートフォン・パソコンどちらからでもOKです。

公式サイトから申し込むことになります。

 

リアルカードの申し込みフォームにて

氏名とメールアドレス、住所を入力し、送信すると

件名:[Kyash] リアルカードの申し込みを受付けました

というメールが届きます。

 

メール本文には1か月ほどかかると書かれていました。

その後7月初旬にメール連絡があり、申込みが多く発行が追い付かなかったと書いてありました。

 

このメールには届くまでのスケジュールを明記されており、それはそれでよかったです。

そして7月末にリアルカードが届きました。

 

Kyashリアルカードの使い方とアプリへの設定方法
Kyashリアルカードが届いたらアプリに上書き設定します。リアルカードとバーチャルカードが統一され街中の店舗でもネット通販でも使用できるようになります。

 

現在では増刷もされており、そこまで待つ必要はないようです。

リアルカードの設定をアプリでおこなえば、使用できるようになります。

 

Kyashの実際の使い方

Kyashは買い物での決済や仲間内での送金・請求でよく使いますので、買い物での使い方からご紹介します。

ネットショッピングでの使い方

Kyash Visaカードはバーチャルカードとリアルカードがあります。

バーチャルカードはKyashアプリに搭載しているもので、リアルカードは物理的なカードで実店舗での利用ができるものです。

 

ネット通販のショッピングなどで、Kyash Visaカード(アプリに搭載されたバーチャルカード)を使う方法をご紹介します。

Amazonや楽天市場、ヤフーショッピングなどのネット通販でKyash Visaカードは利用できます。

またメルカリ、ヤフオクなどのフリマアプリ、オークションサイトなどでも気軽に利用できます。

 

Amazonでの使い方はこちら

Kyash Visaカードの使い方【Amazon編】
ネット通販のAmazonでKyash Visaカードを使ってショッピングしました。ちょっとした準備をしたのちAmazonで買い物すれば決済によるキャッシュバックがKyash残高に貯まるため、通常のショッピングとは一味違った妙味があります。

 

楽天市場での使い方はこちら

Kyash Visaカードの使い方【楽天市場編】
楽天でのネットショッピングで普段の支払いで使っている楽天カードではなく今回はKyash Visaカードを使用しました。Kyashの楽天市場での使い方とキャッシュバックの還元についてお伝えします。

 

買い物の順序

1、Kyash残高へチャージする

2、通販での買い物の準備

3、ネット通販などで買い物する

4、買い物の決済にKyash Visaカードを選択して商品購入

5、Kyashアプリに決済情報が表示される

6、商品到着

7、代金の支払いによりKyash残高が消費される

8、キャッシュバック金額がKyash残高に入金される

9、自動チャージ選択の場合、カードの銀行口座からの引き落とし

 

Kyashへチャージする方法

まずKyashへのチャージですが、チャージする手段として4つの方法があります。

 

  • VISAまたはマスターカードブランドのクレジットカード・デビットカードによる自動チャージ
  • コンビニから事前にチャージ
  • 銀行ATM、ネットバンキングから事前にチャージ
  • ネットマイルとGポイントからのポイントチャージ

 

クレジットカードやデビットカードによる自動チャージのほかにコンビニや銀行ATM、ネットバンキング、ポイントサイトからのチャージもできます。

どうしてもクレジットカードやデビットカードをアプリに登録したくない場合に他の方法が用意されているのはありがたいです。

 

まず、Kyashから通販へ支払うためのお金をKyash残高へチャージします。

事前にチャージする場合

コンビニや銀行ATM、ネットバンキングからのチャージは事前のチャージが必要です。

コンビニチャージ

1、アプリのウォレット画面でチャージ申請
2、チャージ金額を選ぶ
3、名前をカタカナで入力
4、チャージ申請ボタンを押す
5、コンビニの端末で申込書を発券
6、レジで支払う
7、チャージ完了

銀行チャージ

1、アプリのウォレット画面でチャージ申請
2、チャージ金額を選ぶ
3、名前をカタカナで入力
4、チャージ申請ボタンを押す
5、銀行ATMで払込手続
6、チャージ完了

自動的にチャージする場合

クレジットカード、デビットカードをKyashアプリに登録した場合、事前のチャージは不要です。

自動チャージにより買い物の決済後に自動的にカードからKyash残高へチャージされます。

 

なお自動チャージするカードはそのカード情報をKyashアプリに登録しておく必要があります。

カード登録は1枚登録したら次まで24時間空ける必要があります。

 

KyashにはVisaまたはMastercardのクレジットカード、デビットカードを合計5枚まで登録することができます。JCBやアメックスなどは登録することができないため自動チャージで使用できません。

 

どの方法でチャージするにせよ、Kyashへチャージされると、その金額はKyash残高としてアプリ内にプールされます。

このKyash残高を利用して送金したり買い物したりすることができます。

 

もしKyash残高の金額以上のものを購入する場合、足りない金額はコンビニや銀行ATM、ネットバンキングにて事前にチャージして残高を増やしておくか、カードの自動チャージを利用するかどちらかです。

 

 

クレジットカード登録方法
Kyashアプリにクレジットカードを登録するのに手間はかかりません。今回登録したのはMastercardですが、カード番号とローマ字氏名、カード有効期限を入力するだけです。

Kyashカードを通販の支払い情報に追加する方法

チャージの設定ができたら、ショッピングサイトの「マイページ」「管理ページ」にアクセスして、支払い方法にKyash Visaカードの情報(カード番号や名前、カード有効期限、セキュリティコード)を追加します。

 

こうしておけば購入手続きの段階になって、慌てて新規のカード情報を入力する必要がなくなります。

さきに通販に登録しておけばKyashカードの情報が保存されますので今後もスムーズに購入手続きができます。

 

ショッピングサイトへの登録

カード情報の名前の欄は「KYASH MEMBER」またはご自身の名前を半角ローマ字で入力します。

これで商品を買い物かごに入れ、購入手続きの決済の時にKyash Visaカードを選べるようになります。

Amazonや楽天などは支払い方法で複数のカードを指定でき、また編集や追加、削除などもネット上でおこなうことができます。

 

送金・請求方法

Kyashウォレット
Kyashは買い物だけでなく個人間や仲間内の送金や請求にも使えます。

Kyashのアプリを開くと「ウォレット」画面となり、バーチャルカード表示の下に「請求」「送金」ボタンが表示されます。

 

「送金」「請求」ボタンは、誰か相手とのお金のやり取りをするときに使うもの。

割り勘のぶんを返すとか返してもらうとか、そういう使い方もできるようで、送金アプリの機能をもっています。

 

1対1はもちろん複数の相手とのお金のやり取りも可能です。

全員ぶんを現金でまとめて立替払いした幹事へ参加者が返金するという使い方もできます。

 

送金リンク

使い方は、相手と金額を指定することで簡単に送金できます。

送金は一回に1人まで、金額は一度に最大5万円まで。1か月の上限は10万円まで。

請求できる人数は一回あたり10名まで相手を選択することができます。

 

送金アプリとしてもいろいろなシチュエーションで活躍しそうです。

個人的には金銭の貸し借りは銀行口座へと思うのですが、気心の知れた仲間同士ならアプリでのやり取りもアリかもしれません。

相手にKyashアプリがなくてもSNS(Messenger、LINE、Twitter)やメールで相手に知らせる機能がKyashアプリに搭載されています。
相手がKyashを持っていない場合の送金や請求は、相手がアプリを取得してからのやり取りになります。

Kyash利用上の注意点

Kyashのキャッシュバックは買い物など利用月の翌月末ごろです。

キャッシュバックで貯まったKyash残高に有効期限はありませんので、この点は安心ですが、送金や決済において、いくつかの制限が設けられています。

とくに決済について、以下のように規定されています。

【決済(購入)】

バーチャルカードのみのお客さま
24時間あたりの利用限度額は3万円以下
1回あたりの利用限度額は3万円以下
1ヶ月間での利用限度額は12万円まで

 

リアルカード有効化済みのお客さま
24時間あたりの利用限度額は5万円以下
1回あたりの利用限度額は5万円以下
1ヶ月間での利用限度額は12万円まで

引用元:Kyash FAQ「ご利用限度について

 

5万円を超える決済での使用は注意しましょぅ。

またキャッシュバックについては、1か月間12万円の利用限度となっているため、Kyash残高へ、1か月あたり2,400円(12万円×2%=2,400)円がキャッシュバックの上限となります。

 

KyashについてのQ&A

チャージされたKyash残高は現金に換えられないの?

はい、現金化はできません。Kyash公式サイトによると

日本国内では法律で「与信の現金化」が禁じられております。
Kyashの入金元にクレジットカードを利用するため、これを銀行口座に引き出しすると、「与信の現金化」となり出資法に抵触するため、出金することはできません。

引用元: Kyash FAQ「残高を出金できますか?

Kyash公式サイトによると与信の現金化は出資法に抵触することからKyash残高は出金できないと書かれています。

そのため、Kyashにチャージしたものは現金に戻すことができません。
またチャージだけでなく送金やキャッシュバックで得たKyash残高も現金に戻すことができません。

したがってnanacoや楽天Edyといった電子マネーやポイントのように1ポイント1円のマネーとして活用することになります。

電子マネーやポイントはわざわざ現金をチャージしてまで使われるほどですから利用者にメリットがあるものです。

Kyashの場合も、そのお得な特徴を活かしてKyash残高のメリットを活かすべきです。

Kyash残高のメリットはVisaカードが使えるショップでの買い物と相手への送金などに使用できることです。

バーチャルカードまたはリアルカードによる決済でキャッシュバックがありますから、買い物のシチュエーションでは単に現金でのやり取りよりもメリットは大きいです。

ただ、送金のシチュエーションなどで戻ってきたお金を現金に換えたくても換えられないのはちょっとなあ、と感じてしまいます。

kyashアプリを使っていない相手には送金・請求できない?

いいえ、相手がKyashアプリを使っていなくても送金・請求できます。

送金したい相手や請求したい相手がKyashアプリを使用していない場合は、まず送金リンクまたは請求リンクを作成しMessenger、LINE、Twitter、メールなどで相手に知らせます。

そのリンクから送金へと進みます。

そして受け取りにはKyashアプリが必要になります。

相手にアプリをダウンロードしてもらい、受け取りとなります。

送金相手が受け取ったかどうかわかる?

送金先の相手に送金したことを知らせても、相手が気付かないこともあります。

まだ相手が受け取っていないという状況です。

このような場合は72時間以内に相手が受け取らないと、そのお金はKyash残高に戻ることになります。

評価まとめ

Visaプリペイドカードをスマホのバーチャルカードと物理カードで買い物に使うことができるKyashはキャッシュバックが魅力です。またウォレットアプリとして手軽に送金できる機能も持ち合わせています。

当ページでは、Kyashを使うメリットや使い方、いくつかの疑問に対する回答を中心にお伝えしました。
これはかなり使えそうだなという印象を持っています。

しかし一方で、Kyashでまだ確かめられていないことも少なくありません。
買い物は一度のみ、送金と請求はまだ一度もやっていない、チャージもすべてを試したわけではないというのが現状で、到底使いこなしているとは言えません。

送金や請求にいたっては上記でその方法についても触れているにもかかわらず実践しておりません。
したがって当ページで十分にお伝えしたとは言えません。

使用回数が少ないため、これからじっくり使っていこうと思っています。
Kyash使用の結果報告は折を見てお伝えしていきます。

Kyash (キャッシュ) - いつものカードがもっと便利に
Kyash(キャッシュ)なら誰でも簡単にVisaカードが発行できます。お手持ちのクレジットカードやデビットカードを登録すると、より便利にお得に安心に、決済・送金ができるようになります。