楽天証券の投信積立を楽天カードクレジット決済に変更するメリットとは?

楽天証券で投資信託の積立をおこなっている人またはこれから新規に設定する人は積立金額の支払方法を楽天カードのクレジット決済へ変更することで楽天ポイントを貯めることができます。

楽天カードクレジット決済なら楽天スーパーポイントが貯まる

楽天カードクレジット決済の対象となる人は、楽天証券ですでに投信積立をおこなっている人またはこれから投信積立をおこなう人です。

特定口座・一般口座、NISA口座、つみたてNISAのどれかを利用しての投資信託の積立が楽天カードクレジット決済の対象です。

また対象となる投資信託は楽天証券の約2,500種類の投資信託から選べます。

 

ひとつひとつのファンドごとに個別に決済・引落し方法の設定を決めることができます。

いままで証券口座引落や銀行口座引落で投信積立していた人が楽天カードクレジット決済に変更することによって、楽天スーパーポイントが積立金額100円につき1ポイント貯まります。

 

楽天カードクレジット決済を利用するメリット

積立金額の1%、楽天スーパーポイントが貯まる

毎月積立している人、これから積立する人にとってはクレジット決済で楽天スーパーポイントが1%分(1ポイント=1円)獲得できます。

付与されたポイントは投資に回せる

付与された楽天スーパーポイントは楽天証券のポイント投資で利用することができます。

楽天スーパーポイントは1ポイント=1円として、投資信託の積立をはじめ、投資信託の単発の購入でも使用できます。

つみたてNISAは全額、決済の対象となる

つみたてNISAは年間40万円まで非課税となる投資枠が決まっています。

年間40万円なので月々33,333円(400,000÷12=33,333円)の投資枠になります。

楽天カードクレジット決済は毎月5万円までが上限です。

つみたてNISAは毎月の積立上限額33,333円なので、全額が楽天カードクレジット決済の対象にすることができます。

 

楽天カードクレジット決済の注意点

楽天カードクレジット決済の積立金額は毎月5万円が上限

毎月5万円以上積み立てたい人にとって、5万円を超える金額については別の決済方法を選択しなければなりません。

投資信託の積立のみに対応

楽天カードクレジット決済は投資信託の積立のための決済方法なので、任意のタイミングで単発で投資する購入は対象外です。

ボーナス設定できない

楽天カードクレジット決済を選択するとボーナス設定することができません。

たとえば毎年7月と12月に別途の投資で買い足すことができません。

ボーナス設定したい場合は、別の決済方法(証券口座、銀行口座引落しなど)を選ぶことになります。

積立指定日は月一回、毎月1日に固定

月1回の積立になりますので、これまで毎日積み立てている投資信託については変更しづらいかもしれません。

 

楽天カードクレジット決済の設定方法

楽天証券にログインして「投信」メニューから「積立注文」をクリック。

 

 

「設定照会・訂正・解除」をクリック。

 

 

「履歴」から変更したいファンドを選びます。

 

 

右側に「訂正」「解除」がありますが、「解除」をクリック。

 

 

積立設定の変更は「解除」です。

すでに積立設定している投資信託ファンドの設定変更する時は、「訂正」ではなく「解除」により、再度設定しなおすことになります。

 

「解除」をクリックすると解除内容の確認画面が現れます。

 

 

このページの下にスクロールし、取引暗証番号を入力し「解除する」をクリック。

 

 

つづいて「積立設定へ」をクリック。

 

 

最初からファンドの積立設定をおこないます。

変更したいファンドを探します。ファンド名で検索することができます。

 

 

複数のファンドが検索結果に現れたら、該当のものにチェックします。

 

 

カートにファンドが一つ入りますので、そのファンドをクリック。

 

 

ファンドの詳細画面に変わります。「積立注文」をクリック。

 

 

「積立注文」画面にて引落口座と引落日を選択します。

「楽天カードクレジット決済」をクリックします。

 

 

楽天カード情報登録の画面が開きます。

楽天カードのカード番号、有効期限、セキュリティコード、取引暗証番号を入力し、「登録」をクリック。

 

 

楽天カードクレジット決済で楽天カードが登録済と表示されました。

 

 

このページをそのまま下にスクロールします。

 

積立タイミングや積立指定日は毎月1日に固定されます。

「金額・分配金コースの設定」にて積立金額を入力、分配金コースはここでは「再投資型」にしておきました。

 

 

このまま一番下にいくと、「ポイント利用設定状況」の設定ができます。

楽天スーパーポイントを利用して該当するファンドを積立購入したいときはここで設定することができます。

「設定する」をクリックするとポイント利用、ポイント利用方法の設定をおこなうことができます。

 

 

もし、ポイントが足りないときは楽天カードクレジット決済で毎月27日に現金で引き落とされます。

 

つづいて「目論見書の確認へ」をクリック。

「目論見書等を閲覧する」をクリック。

閲覧したら一番下の「注文内容確認へ」をクリック。

 

 

 

つみたてNISAによる積立注文の確認画面になります。

 

 

 

ページの一番下で取引暗証番号を入力し「注文する」をクリックします。

 

 

これで設定が完了しました。

「設定履歴照会・訂正・解除」の画面で今月のクレジットカード決済設定状況や設定したファンドの履歴を見ることができます。

 

 

決済方法の変更で用意するもの

楽天カードクレジット決済するために必要なものは楽天カード楽天証券の口座です。

すでに両方とも持っているという人は上記の手順のように簡単にクレジット決済の設定ができます。

どちらかを持っていないという人はこれを機に用意しておきましょう。